新たな目標

ヨガ

泰子先生の早朝ヨガクラスで本日、7月朝ヨガチャレンジで教わったフローの復習が終了しました。

 

理由は、明日からまた8月朝チャレンジで新たなフローを学ぶ7日間の早朝クラスが始まるからです。

 

ワナカムヨガスクール主催の朝チャレンジクラスに6月から参加させていただいている私なのですが、6月は21日間連続のスペシャルクラス、その後は毎月連続7日間ずつの集中クラスとして、現在12月までの開催が決定しています。

 

で、7月の朝チャレンジの後で初参加させていただいているのが岩手の泰子先生による復習クラス@Zoom。これは週3回、朝5時から6時までという時間帯で、毎回7月のフローの復習をする、という内容ものでした。

 

全体として、マスター監修のフローメニューをまず7日間、数百人規模のZoomクラスで導入していただいた後には、比較的少人数の地元グループレッスンで復習をする、というような盤石なシステムが、既にしっかりと出来上がっているようで。

 

早起きは苦手、おまけに変形性股関節症末期な私に、果たして出来るかしら・・・とかなりの不安もありながら、同じフローを継続練習することで得られる学びの醍醐味を朝ヨガチャレンジで経験した私は今回初めて勇気を出してこのグループレッスンの扉を開いてみたのでした。

 

結果、この早朝クラスで得たものはすごく大きかったです。

 

少人数なので全体を良く見ていただけて、その分、課題や動きのポイントが明確になる。画面を通じ、先生から自分に対して直接ご指摘いただく場合は勿論ですが、他の方に対するご指導を聞いていても、それは自分にも関係することばかりなので(^^;)全てが即、新たな学びに繋がります。

 

同じ「出来ない」でも、アサナのポイントは理解しているけれど今はまだ完成形は出来ない、というのと、そもそもが何やってるかよく分からない、とでは、同じ練習をしていても動きも効能も全く違うというのは自分でやっていて良く分かりますし、何よりも最悪なのは「何となくこんな感じ?」と勝手な思い込みで動きつつ、実は全く違うことをやっているのに自分では気づいていない、いう状態。(私アルアル(^^;)

 

この点では、クラス終了後に先生がグループLineに上げてくださる全体Zoom画像からの学びも沢山ありました。自分が思ったよりも出来ているところ、ダメなところ、共に客観的に知ることが出来ましたし、同じアサナを他の方はどんな感じにやっておられるかを見るのもすごく勉強になりました。

 

あ、考えたらこれ、もしもZoomじゃなくて同じ室内でやっていたら逆に、出来ない自分に萎縮して、続けるのが辛くなっていたかも知れないです(^^;)クラスの時間内では他の人の動きを気にせず自分だけに集中し、全体画像はあくまでも後から参考として見る、が可能なZoomヨガクラスというのは、実はメリットが大きいのかも知れないです。というよりここは泰子先生が、メリットの方が大きくなるよう上手にZoomクラスを運営して下さっていることの恩恵なのかも知れませんが。

 

それから個人的にどうしてもわからないところがあった時には、クラスが終わってからの流れで、画面を通じて先生に直接質問させていただいたこともありました。私の場合、カカアーサナ(カラスのポーズ)で足を地面から浮かすことが出来ていたので、自分はこのアサナが出来る!と勝手に思い込んでいたのですが^^;、先生がグループLineして下さったZoom全体画像を見たら・・・あら?他の人たちと股関節の角度が全然違う私。もしかして・・・出来ていない?・・・と自分で気づいたので確認させていただいたところ案の定全然出来ていなくて(^^;)。このアサナについてはその日、練習の仕方も含めて先生に丁寧にご指導いただけたため、その後はまた毎回1から練習し直しています。ホントに貴重な学びを、泰子先生、ありがとうございましたm(_ _)m

 

そして全体として、泰子先生も「キツイんです」と認めておられた今回のフロー。

 

Zoomなのを良いことに、途中からはほぼほぼ庭で裸足といういつものアーシングヨガスタイルでクラス受講していた私でしたが、フロー内容がキツイので庭でヨガをやっていて気持ち良い♪というよりも毎回ただただ必死で1時間が経過する状態で(^◇^;)。前回書いたように、期間の途中には筋肉痛から腰痛になって、ああこれはやっぱりメンテナンスをしっかりやらないとダメだな〜という結論に達したりもしたのですが・・・

 

でも

 

とりあえず今日書いておこうと思ったのは、今朝、フロー最終日に泰子先生からあった「ヨガと痛み」のお話のことです。

 

自分の身体に気づきを持ちつつ、ヨガを正しく練習出来るならば、ヨガで痛みが生じることはあり得ない。ヨガをやることでむしろ、痛みは無くなって行くものだ、というお話が今日泰子先生からありまして、その後グループLINEにおいても、長年このクラスで学んでおられる方々から「ヨガによって心身の痛みが手放せました!」的コメントが続出状態に(^^;)

 

確かに

 

今日の最終日、これまでの集大成として得られた知識をフル活用しつつ、これまでで一番丁寧にフローを行ったところ

 

やっていてとても気持ちが良かった。

そして、自分の身体に感謝しながら動くことができた。

それだけでなく

その後メンテナンスしていませんが

痛みはないのです。

 

マスターのワークショップでフローを教わると、やっている時には超ハードでも、終わった後には何故か全身がメチャ快適に動くようになっていたというミラクル経験を過去に何度もしている私としては、今朝の泰子先生や他の生徒さんたちのお話は真実に違いないと思う気持ちがある一方で

 

まあ普通の人はともかくとして

変形性股関節症も私の場合、末期ですよ?

 

こんな私でももしかして・・・ヨガで痛みが全く無くなることがありうるのか〜〜?

 

という素朴な疑問については、さすがに今日のグループLineにおいて、他の方々に対して相談を持ちかける勇気はありませんでした^^;

 

ただ、とりあえずの目標として、とにかくまずは続けてみたい、と今は思っています。

 

他の方々のように、例えばあと一年間、毎月の朝ヨガチャレンジ7日間と、それ以外の時期は週3回の早朝フォロークラスを続けることが出来た場合

 

それはもちろん、

間違いなく

身体は大きく変わると思う。

 

実際は、個人の資質や努力や状況によって、変わり方はそれぞれだと思うのですが、

 

では、

変形性股関節症末期ということを含めて

私ならばどんな風に変わるのか?

 

新たな好奇心がムクムクです笑

 

幸いなことに学ぶことが出来るシステムは既に存在しているので、あとはそのシステムについて行ける心身、何よりそれを継続して行ける心身が、自分にあるかどうかという問題だけ。

 

とりあえず、まずは目前の1ヶ月間、チャレンジを続けてみようと思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました