股関節痛に効くヨガフロー(2021年8月)

ヨガ

8月の朝チャレンジが終わって3週間。早くも9月の朝チャレンジが始まりました。

 

 

 

 

7月の朝チャレンジのフローも私にはとてもハードでしたが、8月のもシンプルな動きながらハードな内容。

 

 

他の方々が太腿祭り笑い泣きと形容されていた通り、開脚スクワットや戦士のポーズからの変形ワークが多く、変形性股関節症末期の私としては、そもそもがあまりにも身体が出来ていない部分だったため滝汗朝チャレ7日間ではむしろ筋トレ効果を得るまでいかず、その後3週間、泰子先生の早朝フロークラスでフォローアップの練習をしていく中で、少しずつこのフローのハードな部分を身体が実感し始めたところ、というあたりでの終了でした。

 

 

 

ところが!

 

 

 

このフローでの、360度に展開する太腿ワーク、めちゃ辛いし、未だにきちんと出来ないんですが、股関節周辺筋全てに働きかける内容になっていたため、やっている時は辛くても、終わった後にこれまでになく

 

 

 

股関節が良く動き

 

日常生活がとても楽になった!笑い泣き

 

 

とにかくこれは間違いなく、股関節症に効能が高いフローだったと改めて思うのです!

 

 

 

さすがマスタースダカー、マスターのフローは痛みが取れるヨガという異名は間違っていないと実感します。

 

 

 

ただ、その実感に至るまでにはある程度の練習時間、それも正しい練習を継続出来る時間が必要で、そのためには身近な先生に少人数で見ていただけるフォローアップクラスの存在が欠かせないセットのように思われます。(朝チャレ本体の7日間は毎回800人以上の方がオンラインで同時参加されています。)

 

 

 

ワナカムヨガスクールがコロナ禍で考案、継続的に実施してくださっているヨガの複合的オンラインワールド

 

朝チャレンジ+フォローアップクラス

 

 

変形性股関節症の自分が、こうして家のリビングや庭でマスターのヨガを継続的に学んでいられるのは、ある意味コロナのお陰だと思うと、コロナで変化した世界もホント、悪いことばかりじゃ全然ないな〜と思えて来ますドキドキ

 

 

 

さて、今日で2日目となる9月のフローは捻り系アサナ満載で、こちらも7日間、そしてその後の3週間のフォローアップクラスを終えたらまた、どんな風に身体が変わるかとても楽しみ音譜音譜音譜

 

 

 

「健康な身体は人生の目的ではなく、充実した人生のための必須条件」とは今朝の講師hiroko先生のお言葉恋の矢

 

 

まさにそーですよねーラブ

 

 

そして健康維持は目的じゃないからこそ、そのための活動は習慣化が大事だと思います。

 

 

ヨガでしっかりと心身のお世話をする日常習慣が、オンラインヨガクラスのお陰で生活の中に根付き始めた2021年夏・・・ここに至るまでの様々なご縁に、感謝ですキラキラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました