庭ヨガ vs 室内ヨガ

ヨガ

朝5時からの早朝ヨガクラスがまた始まりました❗️週3回、10月の朝チャレ(7日間)まで続きます。

 

 

 

昨日は初日。

朝チャレ期間1週間はずっと室内受講だったため、久しぶりに庭でズーム繋いでみましたが

 

 

 

朝5時の気温17度、というのが、芝生の朝露も相まって予想以上に寒かったアセアセ。おまけに、最初の方はまだ辺りが暗くて自分の映像がズームに映らないチーン

 

 

 

でも

 

 

まあやってみるとやっぱり、庭の芝上でヨガするメリットというのが確かにあって。一言で言うとそれは

 

一体化。

 

内と外を分ける境界線が曖昧になるので、多分それがより自然に近い形であり、ヨガだってきっと5000年前はこんな感じでやっていたんじゃないかな〜と思う。大気の中でするヨガは、自然の一部として展開し、自然の一部である自分の身体にただ集中しつつ、細かいことは気にせずに?生物としての自然な時間が経過する感じ。

 

 

 

一方室内でヨガするメリット

 

物理的な安定感。

 

 

平らなフローリングの上にヨガマットを敷けば、そこは芝上とは違って凸凹が一切ない、均一にして安定的なヨガにとっての好環境。だから私の場合、アサナにおける1ミリの変化向上には、庭よりも室内でやった時の方が圧倒的に気付きやすい。おまけに我が家のリビングにはヨガ用に臆面もなく購入した全身が映る特大鏡が置いてあるためチューアサナの際についついやりがちな、ニーインや背筋曲がり、膝曲がりにもセルフチェックが入りやすい。

 

 

 

という風に書いていくと軍配は圧倒的に室内ヨガってなりそうだけど、実際はそうじゃないねー

 

 

 

もちろん裸足で芝に立つことで身体の余分な電子が解放されるアーシング効果もあるだろうけれどおそらくそれだけでもなく、理由を理屈で説明するのは難しく、科学的に説明できるようなことではないようなところで

 

とにかく庭ヨガが気持ち良くて大好きだからヨガは庭でやりたいのよ!

 

と、身体が言って来るのでした滝汗

 

 

 

というわけで、明朝はまた早朝ヨガクラス。

 

 

 

朝5時からスタートのクラスにして明日の日の出時刻が5時半という、なかなかの条件になって来ておりますがショック!、まあ気温と日の出時刻を注視しつつ、これからも出来る時はなんとか、庭でヨガクラス受講続けたいと思っていますパー(いつまで続くか?・・・既に秒読みかな汗

 

 

 

画像は昨日の朝クラス後に撮影した8月分朝チャレ・チャレンジアサナ2件。まあ・・・なんでこんなものを敢えて公共の場に?笑い泣きと思う気持ちも結構ありますが(ならヤメロカゼ)とりあえず数年後の自分への記録用です。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました