プロフィール

名前)earthing-yogi

変形性股関節症末期からヨガを始めて数年目。

今では庭ヨガが日課な毎日を過ごしています。

 


2007年
股関節や脚の筋肉に時々激痛。整形外科でレントゲン撮るが異常なし。

 


2011年~2013年
人生後半を意識し出し、大の苦手だけどホントは大好きで実は前からやってみたかったエアロビクスに熱中し出す。下手の横好き。時々脚が痛いなと思いながらも週2-3回は大喜びで飛んだり跳ねたりする。痛みがあると、整形外科もたまに受診するが、PTの方々のリハビリもいつも2-3回で終了になるし、本人も危機意識ゼロ。

 


2014年
JR総合病院で人工股関節置換手術を受けた知人から「あなたの症状は私と同じと思うから早く手術しなさい」と強く勧められ、まさかと思いながら股関節専門外来を受診すると、あなたはもう末期だからいつでも手術にどうぞ(‘ω’)ノと医師にも言われ逆に驚く。以後、何とか温存出来ないかと遅らばせながらパソコンで方策の検索を開始。

 


2014年~2015年
股関節保存療法で人気の理学療法クリニックに数か月間お世話になるが、運動音痴のせいか正確に真似るようにと何度言われても【先生のお手本通りの正しい歩様】で歩くことがどうしても出来ずに途中で断念( ノД`)。

 


2015年~2016年
夫の紹介で一般の整体に通い始め、信頼出来る整体師さんに骨と筋肉を定期的に調整して貰いながら何とか痛みを折り合いをつける日々。

 


2016年~2017年
リハビリに重点を置いた整形外科クリニックで恩師PT山後先生のリハビリスタート。クリニックのマットスペースでボディワークヨガ呼吸法等を教わる。

 


2017年~2018年
恩師PTのご退職と同時にクリニックのリハビリ担当がPT太田先生に交代。恩師PTから教わったヨガはそのままセルフワークとして毎日続けながら、PT先生からは個々の筋肉のほぐし方とその筋肉を適正に使えるようにするための促通ワークを多種多様に教えていただき、お蔭様痛みが出た時の自己対応力格段に上がる。PT先生にインソール作成もお願いし、歩行を巡る環境もアップ。

 


2019年
恩師PTの恩師・今村先生や、そのまた恩師のヨガマスターから直接にヨガを学ばせていただくまさかの機会がとうとう訪れる。変形性股関節症リハビリで、初めは恐る恐るヨガを始めてから2年だった私は悪戦苦闘しながらも古典ヨガの「各アサナ1分間保持」に挑戦を続ける。岩手の今村先生とのプライベートセッションはこの年合計6回。内容の充実ぶりは凄まじく、回数多くは出来なかった分、細かい身体的不具合について引き続き整形外科クリニックでPT太田先生に色々アドバイス&フォローいただいた。太田先生にはインソール作成と調整も引き続きお願いし、歩行のベースとなる靴の環境を整えることが出来た。

 


2020年
年初から例年の季節労働に通いながらも、今村先生から教わった股関節や疲れにくい身体のための各種ワーク古典ヨガを、通勤前や昼休み帰宅時、帰宅後などに地道に続けることで、コロナ禍+事務仕事の毎日でも順調に身体強度が増す。

5月以降はZoom経由で古典ヨガワークショップに参加させていただける機会が増え、年末には古典ヨガの泰子先生からもズーム経由でフォローアップのご指導をいただく等学びの機会が増えるほどに、古典ヨガ、まだここはほんの入り口であることを知る。年後半は実家通いで多忙な日々だったが、ヨガとリハビリを欠かさず続けることが身体の健康維持のみならず、精神衛生上もプラスに働くことを実感。

 


2021年
実家通いが一段落しかけたところで古典ヨガやその他のZoom講座に参加して気分転換を図る中、たまたま受講させていただいた八田先生の神経様セミナーに感銘を受け、3月にはパーソナルセッションをしていただく。八田先生のご指導は、日々のワークの仕方から歩行、呼吸、メンタルのあり方まで多岐に渡り、それはもう、今後の方向性を決定づける衝撃的神セッションとなる。

ところが終わってみて冷静に考えると、今回の八田先生のご指導内容、これまで私がお世話になって来た先生方のものと決して大きく違う方向性ではなかったことにも気づかされて驚きが倍増する。つまり・・・どの師匠からも多かれ少なかれ同じようなことを言われて来て、その中でいかにこれまで自分は、好きなこと、都合の良いこと、やりやすいことだけを聞き、それ以外をスルーして来たことか!(^◇^;)

 

というわけで、とんでもない氣付きと共に始まった2021年。これまでの怒涛の日々を謹んで返上して訪れたステイホームな毎日は、まずは呼吸を見直すところから再スタートしています。

 

タイトルとURLをコピーしました